hideto_edited_edited.jpg

博士は
知っていた。

21世紀の地球人は皆『酸素不足病』に陥る。

 
ブルー抽象的な形

​高気圧酸素療法

高気圧治療とは

「高気圧酸素療法」は医療の世界では180年以上の歴史を誇ります。

人工的に高い気圧環境をつくり、その中で患者に高濃度の酸素を吸収させて血液中に溶解する酸素量を増加させ、新陳代謝や身体機能を向上させる特殊な治療で、
現在国内1100ヵ所、全世界では10000台以上が医療施設などで使用されております。

 近年では健康・美容法としても注目を浴びており、イングランド代表サッカー選手もケガの回復促進のために利用したとして話題になりました。
この他にもハリウッドスターやタレント、プロスポーツ選手の間でも広く注目を浴びています。

高気圧酸素治療のしくみ

私達の体には60兆もの細胞が生きており、その細胞のひとつひとつで「栄養」と「酸素」から生きていく為に必要なエネルギーを生産しています。

通常の大気圧下の呼吸でとる酸素は、体に一定以上の酸素を運ぶことが出来ません。対して「ヘンリーの法則」を用いた高気圧環境下では「溶解型酸素」が気圧に比例して血液に溶け込み酸素を細胞の隅々まで行き渡らせます。
その結果、細胞の新陳代謝を促し、身体機能が向上し、脳の活性化、血行促進、美容促進、老化防止につながります。

地図.jpg

世界の病院施設等で

 

10,000

     ​利用されています!

アメリカ、ドイツ等で脳性麻痺・脳梗塞・心筋梗塞・皮膚がん・難聴・火傷などの治療に使用されて来ています。
 
ブルー抽象的な形

​溶解型酸素

​血液中の酸素は2種類

全身に運ばれる酸素には2つのタイプがあり、ひとつは赤血球中のヘモグロビンの結びつく「結合型酸素」もうひとつはガス化した状態で血液に直接溶け込む「溶解型酸素」です。

 

これらには大きさの違いがあり、「溶解型酸素」は大変小さいため毛細血管の隅々まで行き届くことができます。ただ「溶解型酸素」は非常に少ないので多数の毛細血管に酸素が届かず「ゴースト血管」となってしまっています。

なので​「溶解型酸素」を増やすことが重要だと考えられています。

大きさ説明.jpg

血中酸素濃度との関係

血中酸素濃度は正常時96~99%と言われているのになぜ酸素を取り入れる必要があるのでしょう。

​それは96~99%のうちほとんどの酸素が「結合型酸素」だからです。仮にすべてのヘモグロビンが酸素と結びついたとしても毛細血管まで酸素は届かず、酸素不足になる可能性があります。

なので血液に直接溶け込む「溶解型酸素」を増やし毛細血管の隅々まで酸素を行き届ける必要があり、これは通常の呼吸では増やすことは出来ず酸素カプセルなどの高気圧下で増やすことが可能で増加量は気圧に比例します。またヨガや気功の達人などの特殊な呼吸法でもわずかに増やすことができると言われています。

著名医学者の酸素に関する語録

野口英世
(医学博士)

『すべての病気は酸素の欠乏症である』

浅野牧茂
(国立公衆衛生院室長)

『酸素は血行を良くする働きがあり、

動脈硬化を予防する』

ヘンダーソン博士
(コロンビア大学教授)

『癌は一酸化炭素の中毒が原因である』

谷本晋一
​(虎ノ門病院・呼吸器科部長)

喘息や疲労回復に酸素は著しい効果を

与える

オット・ワールド
(ドイツ・ノーベル医学賞受賞)

『癌の原因は酸素の不足による』

吉藤高良
​(筑波大学教授)

『酸素を十分に取り入れれば

肺機能を向上させる』

 
ブルー抽象的な形

体への影響

脳の酸素消費量

脳の重量は体重の2%と言われていますが、脳では取り入れた酸素の20%~25%を消費していると言われています。これは他の臓器の7倍ほどの酸素消費量です。

脳の細胞が酸素不足に陥ると記憶力や集中力にも​影響が出てきます。

また認知症患者の脳機能の活性化に効果があることが証明されており加齢で心肺機能が低下した高齢者は、体内で最も酸素を消費する脳への十分な供給ができなくなっていきます。再生が難しい脳細胞へ酸素を送り続けることは認知症など脳外関係の予防にもつながります。

天気痛の原因

低気圧の日に『頭痛や肩こりが悪化する』『体調が悪化する』『だるい』と訴える方は非常に多いようです。低気圧の場合、圧力が低下するので体が膨張します。この膨張により血管やリンパの流れを生む圧力(勢い)も低下する為、晴れの日(高気圧)より血行不良を起こし体調不良となります。

低気圧の前にあらかじめ酸素を体に蓄えておくと血行不良による体調不良が緩和されると考えられています。

22837143_s.jpg
 
ブルー抽象的な形

ゴースト血管

ゴースト血管とは

私たちの体の隅々に血液を届けてくれる毛細血管ですがこの毛細血管は加齢により衰え血液が流れなくなってしまいます。そして使われなくなった血管は消失し「ゴースト血管」と呼ばれるようになります。

血管のゴースト化は20代から始まり60代には約4割もの毛細血管が消えてしまいます。加齢以外にも睡眠不足や食生活の乱れなど生活習慣にも大きく影響します。

ゴースト血管による症状は認知症、骨粗鬆症、冷え性などや美容や代謝にも影響してきます。酸素カプセルでは「溶解型酸素」によって血管のゴースト化を予防・改善する効果があります。

ゴースト血管の観察

​当店では血流スコープによってゴースト血管を確認することができます。

酸素カプセルの効果も血流の変化によって実感していただけます。

ほとんどの人が一度酸素カプセルに入ると大きな変化があります。(観察できる血管が増えます)

そしてその血管の状態によっても健康状態もチェックできるので定期的に見ることおすすめ致します。

line_oa_chat_220423_181454.jpg